2010年06月15日

男性刺殺 「パチンコに人生狂わされた」容疑者供述 大阪(毎日新聞)

 大阪市旭区のパチンコ店で先月25日、客の男性(43)が刺殺された事件で、殺人容疑などで逮捕された無職の小西英雄容疑者(35)=同区今市1=が、「自分の人生を狂わせたパチンコに復讐(ふくしゅう)したかった」と供述していることが、大阪府警旭署への取材で分かった。

 旭署によると、小西容疑者は事件当日、別のパチンコ店で負け、所持金が数百円になったことに立腹。自宅に近い事件現場のパチンコ店に入った直後、目の前にいた男性の首を刺して殺害したという。調べに「負けることが多く、パチンコが許せなくなった。目立つような大きなことをして死刑になりたかった」とも話している。

 一方、大阪地検は11日、精神鑑定を行う鑑定留置を大阪地裁に請求し、認められた。期間は9月13日までの約3カ月間。【服部陽】

【関連ニュース】
殺人:入店直後に刺す? 大阪パチンコ店の男性客刺殺
殺人容疑:パチンコ店で遊技中の男性刺す 男を逮捕 大阪
殺人:パチンコ店で男性刺殺、容疑で無職男逮捕 「誰でもよかった」−−大阪

<東京メトロ東西線>車両から煙 一時、運転を見合わせ(毎日新聞)
日本、14日カメルーン戦=ドイツ、セルビアなどが初戦―W杯サッカー(時事通信)
【一筆多論】井伊重之 個別報酬開示は誰のため(産経新聞)
全精社協元副会長に懲役1年6月求刑(産経新聞)
<東西線>車両点検の影響で運転中止 煙のようなもの発生?(毎日新聞)
posted by ベツプ マサヨリ at 13:54| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。