2010年03月06日

参院審議でも説明責任果たす=鳩山首相(時事通信)

 鳩山由紀夫首相は2日午前、2010年度予算案が同日夜に衆院を通過し3日から参院での審議が始まることについて「政治とカネの問題も当然、追及はあると思っている。今まで通り説明責任をしっかり果たし、これからも真摯(しんし)に対応していく」と述べた。首相公邸前で記者団の質問に答えた。 

【関連ニュース】
【特集】話題騒然 ファーストレディー
〔写真特集〕美しすぎる市議 藤川ゆり
政府、迅速対応をアピール=津波・大地震、初の危機管理
教員の罰則強化検討を=政治的行為違反で
小林議員進退「本人が判断を」=鳩山首相

「小沢幹事長は5月辞任」と大胆予想 中田氏(産経新聞)
<野口宇宙飛行士>ISSに別れ 6月2日地球に帰還(毎日新聞)
葬祭便宜疑惑の大阪市 斎場職員が死亡 自殺か(産経新聞)
ハプスブルク家の栄華 神戸でオーストリア大宮殿展始まる(産経新聞)
学習院が会見「直接暴力行為はなかった」(産経新聞)
posted by ベツプ マサヨリ at 22:52| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

女性殺害 検視は「病死」 茨城県警 解剖で骨折判明、捜査(産経新聞)

 水戸市で2月、自宅で女性が殺害された事件で、茨城県警水戸署が遺体発見当初の検視で「心不全による病死の疑いが強い」と判断していたことが、捜査関係者への取材で分かった。その後、司法解剖で窒息死と判明、一転して殺人事件として捜査を始めたという。

 事件は2月11日朝に発覚。同市渡里町の無職、木村はるさん=当時(73)=が居間のこたつで死亡しているのを訪ねてきた次女(38)が発見した。目立った外傷はなく、室内が荒らされた形跡もなかった。警察医として委託された医師は「病死の疑い」と判断した。

 だが、翌日、県警捜査1課が、まぶた裏に首を絞められた際に浮かぶ痕跡があったことなどから、司法解剖が必要と判断。死因は窒息死で、のど付近の軟骨が数カ所折れていたことなどが判明したという。

 捜査関係者は「検視の結果がすべてではない」としたうえで、「県警内部のチェック機能が働き、殺人事件の見逃しを防いだ」としている。

<津波>避難の3400人帰宅、危機管理に課題も…東海地方(毎日新聞)
<外交文書>公開ルールを外部有識者で検討へ…岡田外相(毎日新聞)
2億7000万円上限に資金援助=日本政府、チリ大地震で(時事通信)
スノボ男子大回転・野藤 母楽しみ「メダルかじらせてくれる」(産経新聞)
避難の徹底呼び掛け=鳩山首相(時事通信)
posted by ベツプ マサヨリ at 04:23| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。